遺言書の必要な具体例


 (1)子供がいないので、妻に全財産を継がせたい

  子供がいない場合は、妻と親、或いは妻と兄弟が相続人になるのですが、夫婦で苦楽を共にしながら築いた財産を、その形成には直接関与していない兄弟にまで配分しなければならない事態になります。 しかも「分割協議」という話し合いに「協力」して貰わなければ遺産分割の手続きが完了しません。
 そこで、妻に全財産を相続させる為に遺言書が必要となります。特に、兄弟姉妹には「遺留分」がありませんので、「全てを、妻に相続させる」と書いても何の問題もないわけです。


 (2)特に世話になった姪(甥)に財産を分けてあげたい

  自分に子供はあるが遠方に住んでいるため、普段面倒を見てくれるのは近くに住んでいる姪(甥)であるので、この人にも財産を分け与えたいと云う時は遺言書を書いておくことでそれが可能となります。


 (3)行方不明の推定相続人があるとき

  所在不明で連絡の取れない相続人いると、遺産分割協議が出来ないことになります。場合によっては失踪宣告の手続きが必要になることにもなります。
  このような時に遺言書があれば大変スムースに手続きが進みます。


 (4)内縁の妻があるとき

  事実上は婚姻状態にあるものの、事情があって入籍していないと云ったケースでは、遺言書が無ければその方に財産を継がせることは出来ません。


 (5)賃貸物件を複数所有している場合

  土地・建物の評価額が仮に同じであっても、収益状況が異なる場合には、総合的な損得に差が生じるために、なかなか分割が決まりません。しかも、借入金がついている場合には、調停・裁判では通常プラスの財産しか分割して貰えないので、別に裁判等を起こさなければならず、時間と費用がかかります。  このような場合に遺言書があれば、たとえ内容に不満があってもそれで決まりです。遺留分侵害の虞がある場合は、その処理についても一言添えておくと宜しいでしょう。


  
遺言書の文例は、こちら