遂に実現! 中高域の澄んだ音色  
            
F特グラフが示すこの効果・・

 
     イコライザーは, もう 要らない  マイク アンプ要らない

    Hi-Fi SSB 用

 
 テトラ リボン マイク   TR59
                               
     (Tetra-Ribbon mic.)


   1台に
リボン4本 そして トロイダルコア トランス 搭載

                    
〜 だから 高感度 
42.9dB

                          
TQSマイク工房

    
3.571mHz±
3.605mHz±
 にて実践運用中
画像をクリックする
と拡大されます↓
 ◆ 仕 様

 ○ 振 動 体  アルミ箔 t1.8μm w3mm L27mm 4本
 ○ 周波数範囲  30Hz〜19,000Hz(公設試験場にて測定)
 ○ 感   度 -42.9(dB/Pa)(若干個体差有) (同上)
 ○ 指 向 特 性 双指向性
 ○ インピーダンス  約200Ω(簡易測定)
 ○ コネクター XLR3pin オス

 ○ 外   形 160mmH×50mmΦ
 ○ 重   量 510g
 ○ 外 装 色 ブロンズメタリック
         
(画面上の色は、PC、ブラウザ等により多少異なります)
 ○ 付 属 品 サスペンションホルダー
        (輸送時クッションとして使用するものですが,実用可能.)


 ◆ 価   格 (暫くお待ち下さい)

 ◆ 送   料
  ヤマト宅急便 着払(80サイズ)

  納   期 受注後約10日(年内発売予定)

 ◆ お問い合わせ  メール アドレス tqs@sasaki3.com
                   
(コピーする時は @ を,半角記号にして下さい.)
    
特 長

4本(テトラ)のリボンと5本の棒状磁石を外径50mmという小型ケースに収めました。
 
テトラリボンマイクの誕生です。独自開発のトロイダルコアマイクトランスの採用により
 感度も
公設試験場での測定で -42.9dBという驚異的な結果が出ています。
  まさに、コンデンサーマイクに迫る高感度!

ダイナミックマイクの感度は通常 -55dBくらいですから、それより約12dB高いことになり
 ます。

◇ SSB無線通信においては、狭い帯域内で明瞭度を上げるために、多くの場合、中高域を
 補償する必要が生じます。しかし、本器では
イコライザー無しで中高音域のクリアな音
 を得ることが可能です。

中高音域が伸び且つゲインが上がる秘密は二つ。一つは、108mmというリボンの総延長
 にあります。リボンが長くなると集音力はUPしますが、高い音に追従出来なくなります。
 しかし、リボンを4分割し1本の長さを27mmにすると、高音に十分追従し、且つ、総延長が
 長いので集音力は高まる、つまりゲインが高くなるわけです。

◇ もう一つの秘密は
トロイダルコア マイクトランス T/TR59 です。
  巻数・比率を適宜に設定することにより、SSBの帯域(通常100〜3000Hz)内でクリアで且つ低
 音域も不足しない
Hi-Fi SSB」用のマイクトランスを独自開発しました。100〜500Hz付近の
 
利得が約5dB低く押さえられ、600Hz〜3kHz付近にかけて利得が高くなっています(F特の緑線
 部分
)。これがSSB波の狭い帯域内で高音域を強調することに貢献しているのです。
 まさに、マイクに中高音補償回路が内蔵されているかのような効果が得られているわけです。
 F特グラフの差はトランスの違いのみで、リボンユニット(モーター部)は同じものです。
 (改良型用:トロイダルトランス T/TR59、従来品用:edcor RMX1)

◇ リボンマイクで低音を出すことは容易です。しかし、中高音はなかなか巧く収音出来ません。
  中高域を十分に集音出来ないと低音域もボヤケてしまい、澄んだ低音とはなりません。
  これを実現したのが、
テトラリボンマイクです。

◇ 作者は
イコライザー無しで、毎夜SSBにオンエアしています。只、地声の良くないのが玉に瑕。

◇ マイクアンプもイコライザーも使わず、市販のトランシーバーに繋ぐだけで、手軽に
リボン
 マイクの音色
を楽しんで戴けます。

勿論、アンプは内蔵しておりませんのでファントム電源は不要です。

トロイダルコアマイクトランスを組み込んだ改良型を年内発売予定です。
  

戻 る