フルサイズDP
 3.5 & 7mHz

   2バンド
        同時給電
   
     
 バリエル  0.8〜6μH 可変

 Beer缶とコイルの間隙・・0.5mm

 その間隙にクリアファイルPP(0.2mmt)を挿入


 IMP微調整用VC・・100PF

 粗調整用VC:1000PF(写真↓)
避雷用ー接断器 タワー基部に設置
←SWR検出ユニットは、チューナーBOXに内蔵、
検出電流をケーブルでOPルームへ. 
 (送信機、AMPの出口に設置しては,意味がない.)
チューナーメイン BOX

戻 る

 ←AMP出口付近の様子
エレメント:
○ 3.5mHz
 ALパイプ 長さ20m +
サガワイヤー(軽量電線)20m


○ 7mHz
 FRPパイプ 長さ10m +
サガワイヤー10m

<形状>
 パイプの先端から左右に
各12m(7mhzは5m)のワイヤー
を垂直に垂らし、フルサイズとした
 (キュビカルQuadの上半分の形状)
 ※
残念ながら、回転しません
 コモンモード電流用フィルター →

  避雷用接断器(上記)〜AMP出口の間に設置
  パッチンコア 計33個
  同軸、tunerケーブル、SWR信号ケーブルに
 各10〜12個

 ※効果:コモンモード電流の値が3分の1以下
  ↑ ギアモーター:1:250 DC24V用を 12Vで駆動して減速

コントローラ